前へ
次へ

エラーの品物は古銭買取の価格が高くなりやすい

硬貨によっては、中心部分に穴が開いています。
50円玉もその1つです。
100円玉や500円玉と違って、中心に穴が開いているでしょう。
そのような硬貨は、沢山発行されています。
例えば江戸時代には、中心部分に穴が開いている硬貨も多数発行されていて、四角形になっています。
50円玉や5円玉などは円形になっていますが、昔の硬貨は四角形になっていた訳です。
ところで硬貨の穴は、もちろん中心部分にあります。
決して右側でも左側でもなく、どこか端っこに偏っている訳ではありません。
綺麗に左右対称の形になっている訳ですが、たまに例外的な硬貨もあります。
いわゆるエラー硬貨と表現される事も多いですが、そのような品物は古銭買取の価格も高くなる事が多いです。
てっきり古銭買取の価格は10万円だと思っていたものの、実際には25万円などで売れるケースもあります。
ですからエラー硬貨を持っているなら、試しに古銭買取の鑑定を受けてみると良いでしょう。
想定外の高値で売れる可能性もありますし、検討してみる価値はあります。
なぜエラーの品物は、古銭買取の価格が高くなりやすいかというと、希少価値の問題があるからです。
そもそも古銭買取のお店としては、珍しさを重視している事も多々あります。
古銭買取のお店としては、コレクターと呼ばれる方々に品物を売っている事も多いです。
世界中の色々なコインを集めている方々に、品物を売却している訳です。
ところでコレクターによっては、かなり高値で買ってくれることがあります。
お店の販売価格は25万円でも、コレクター本人が30万円などで買ってくれるケースもたまにある訳です。
それだけ高値で売れる理由は、品物の希少価値です。
そもそもプレミア価値が高い品物は、たいてい高値が付きます。
限定品などは、流通枚数もそれほど多くありませんし、買取店としても高く評価している訳です。
ましてエラーの硬貨などは、殆ど流通していません。
必然的に古銭買取の価格も高くなりやすいですし、試しに鑑定を受けてみる方が良いでしょう。

Page Top